世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト

齋藤孝の哲学紹介は不適切

齋藤孝はいぜんから胡散臭くて信頼できない学者だと思っていたが、何冊かの著作を読んでことの他にそう感じるようになった。

発言に重みがない。どこかで聞いたような話をそのまま取り上げている。そんな印象を受ける。

彼の著作に過去の哲学者について説明している本がある。そこでの紹介の仕方は、不適切だった。素人があれを読んだら誤解してしまう。

どんな紹介かと言うと、歴史的な事実や関連性を無視し、単に字面、上っ面だけを解釈しているかのような解説だった。ほとんど自分が言いたいことを話しているだけだ。哲学ではない。

それがいいのかどうかはともかく、初心者への紹介としてはやはり不適切。なにしろこちらは西洋哲学者の見解を知りたかったのだから。正確に紹介してくれることを意図しているのだから。

それができないなら、こんな本書くべきではなかった。

※本当は本の名前を出して逐一批判したいところだけど、そこまで労力をかける価値すら見いだせなかった。
何を言いたいのかと言うと、哲学のみならず、門外漢が小銭稼ぎで書いたような本よりも、専門家の本を読めってこと。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

tag : 日記, ,

ゆきた日記」の先頭へ

最新記事
カテゴリ
リンク
ランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

  • seo

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ