世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摩天楼の怪人が文庫化

島田荘司の「摩天楼の怪人」が文庫化されましたね。
実は私、5年前にハードカバーでこれが発売されたときにすぐさま購入しているんです。
しかも、島田荘司のサイン会にまで参加したものだから、当然サイン本になっています。

なので、いまさら文庫版を購入する必要はないのですが、書店で見かけたときから気になってしまい、ついには購入してしまいました。
自分で言うのもなんですが、もう駄目駄目です。

それで今日はあらためて摩天楼の怪人を読んでいたのですが、やっぱり御手洗潔は魅力的ですね。
まあ、海外での事件になると、日本時代ほど破天荒なイメージがなくなり、「ミタライ教授」という別のキャラクターが存在しているかのような印象を受けるのですが。
あ、この頃は助教授でしたっけ。

単なるキャラ萌えだと思われるのは心外ですけど、長くなりそうなのでこれ以上は書かないことにします。
というか、ちょっとした感想であっても、熟達したミステリ読みにとっては、真相を直観するに足りる情報だったりしますからね。
私の場合、京極夏彦の魍魎の匣とか、森博嗣の黒猫の三角とか、あのあたりは事前に感想を読んでしまったために、真相を見抜いてしまいました。
それ以来、私は他人にミステリーを紹介するとき、あらすじなどを一切述べないことにしているのですよ。

要するに何を言いたいのかというと、今すぐ書店へGO!という話です。


関連記事
ゆきた日記」の先頭へ

最新記事
カテゴリ
リンク
ランキング


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

  • seo

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。